王様と石「チャンスはどこにあるのか?」

banner02
いいため話 男性
画像:http://free-photos.gatag.net/

ある夜、王様は、市街の真ん中に大きな石を置いてみた……

ドイツのある王様が、だれも見ていない夜中に、市街の真ん中へ、そっと大きな石を置いて帰城した。

翌朝、酔っぱらいの軍人が、その石につまずいて、倒れて頭を打った。

「だれだい、こんな往来に石を置いたやつは。ばかやろう、気をつけろ」

さんざん、悪口を言って立ち去る。

しばらくして、馬でかけてきた紳士が、間一髪で大石につきあたろうとして、立ち止まった。

「ああ危ない。もう少しのところで、この石にぶつかって死ぬところであった。いたずらするにもほどがある」

ブツブツ小言をいって去ってゆく。

またしばらくすると、一人の農夫が、荷車を引いて通りかかった。

「なんだい、こんな大きな石を置いて。危なくて通れやしないじゃないか」

不平たらたら、石をけって通り過ぎた。

かくして、だれ一人、この石を取り除く者はいなかった。

一カ月後、王様は、市民をその広場に集めて訓示した。

「実はこの石は、私が置いたのである。

しかし今日まで、だれ一人として公益のために取り除こうとする者はいなかった。

これは私の治政の欠陥だろう。

今日この石を、私が取り除こう」

王様みずから、石を動かした。

するとその下に『この石を片づけた者に与える』と記した袋があった。

宝石と金貨二十枚が、その中に入っていたという。

“あれを見よ みやまの桜 咲きにけり

 真心つくせ 人しらずとも”

_______

引用:「光に向かって100の花束」
高森顕徹 著
1万年堂出版