器の大きさの広げ方

いいため話 コーヒー
画像:http://free-photos.gatag.net/

「使ったお金の額」と「その人の器の大きさ」は比例する。

バブルの頃とは違い、今は将来への不安からか、遊びにお金を使わない若者が増えている。

まだ20代で「貯金が趣味」だなんて声も聞く。

しかし、若くてお金がないときでも、その範囲内で一生懸命人のため、自分のためにお金を使う経験は、絶対に必要なことだ。

それは間違いなく自己投資なのだから。

(中略)

なるべくお金を使わないようにするということは、そのお金で経験できること、学べることを放棄しているということである。

たとえば、セミナーの参加費がギリギリあって、講師の話を聞きたいと思っているのに、

「お金がもったいない」とセミナーに行かないのであれば、その人はそれまでだ。

あなたがお金を使うとき、お金が減るだけでなく、それによって増えるものがたくさんある。

_______

引用:「死ぬほど働いて損があるか!」
嶋津良智 著
三笠書房より