福島正伸 「夢」が「現実」に変わる言葉

いいため話 女性
画像:http://free-photos.gatag.net/

人は、心から問題を解決したいときは

他人のせいにはしない

モノが売れないとき

社会やお客様のせいにすると「不満」になる

自分がもっと売れるモノを

つくってこなかったからと考えると「出番」になる

ミスしてしまったとき

周りや環境のせいにすると「不満」になる

自分でもっと工夫しようと考えると

「出番」になる

問題こそ自分の出番

誰かのせいにしたら、もったいない

引用:福島正伸 著
『「夢」が「現実」に変わる言葉』三笠書房