ジョンソン大統領が清掃員から感じた仕事術

banner02
いいため話 清掃員
画像:http://livedoor.blogimg.jp/

アメリカのジョンソン大統領が米航空宇宙局NASAを訪問した時のことです。

大統領がロビーを歩いていると、汚れた床を磨いている作業員を見たのです。

作業員は楽しくてしかたがないようすで、歌を歌いながら一生懸命に床を磨いていました。

大統領は彼に近づいてほめました。

今まで自分が見た中で、最も立派な作業員だと。

ところが、作業員は、

「私は単なる作業員ではありません。

私は人間を月に送る手伝いをしています」

と答えました。

彼は床を磨く仕事をしながらも、大きな目標とビジョンを持っていたのです。

だから自分に与えられた仕事に最善をつくしていて、最高の作業員になったわけです。

引用:「エネルギーバス」
ジョン・ゴードン 著
伊 泰聖 (訳)
オープンナレッジ