【寓話】う◯こを運んでいた少年が仏様から言われた言葉が素敵

banner02
画像:http://free-photos.gatag.net/

「すべての職業に対して、価値を見いだしなさい」

お釈迦様はそうおっしゃいました。

この言葉を象徴する寓話があります。

肥(こえ)を運ぶ仕事をしている少年がいました。

肥といっても今の若い人はわからないかもしれませんね。

肥とは人間の糞尿のことをいい、昔は肥溜めという壺に溜めて、醗酵させたものを農作物の堆肥(たいひ)として使っていたのです。

ですから、人間には絶対に必要な仕事なのですが、そのにおいがたまらないと忌み嫌う人が少なくありませんでした。

肥を運ぶ作業をしているとどうしても服や体ににおいがつき、見た目にも薄汚れてきます。

「おまえは臭い」

「汚い!」

その少年は近所の子どもにからかわれ、友だちができませんでした。

いつもひとりぼっちで悲しい思いをしていた少年は、なんとか友だちを作ろうと、川で体を洗い清め、洗濯したての服に着替えて、きれいな体となってみんなのところに行きました。

ところが、みんなは顔を見た途端いつもと同じように冷やかにしました。

「あいつは臭いヤツだ」と先入観で判断し、相手にしようとはしなかったのでした。

「自分の仕事が卑しいからだ」

少年は諦めることにしました。

そんな折、村にお釈迦様が来られました。

少年は、自分のような人間が尊い方の前に姿を現しては迷惑になると思い、いつものように村の外れで仕事をしていました。

ところが、向こうからお釈迦様がいらっしゃるではありませんか。

お会いしないようにと横道にそれても、お釈迦様も道をそれてこちらに歩み寄ってこられたのです。

「いけない、いけない」

と道を変えようとあわてて体をひねったところで、担いでいた肥をひっくり返してしまいました。

すると、

「何を嘆いているのだ」

お釈迦様は、そう少年に声をかけられ、こう続けられました。

「あなたの仕事は人のためになっているのだから、卑屈にならなくていいのだよ」

少年はただただ胸がいっぱいでした。

以来、自分の仕事を蔑(さげす)むようなことはなくなりました。

私たちはともすると、表面的な部分だけを見て、その職業に憧れたり、疎んだりします。

そうではないのです。

仕事の本当の価値は、どのくらい人の役に立っているかで推し量るべきなのです。

あなたの仕事は誰かの役に立っていますか?

そうお釈迦様は問うているのです。

引用:筒井寛昭 著
『仏様からのアドバイス』ワニブックス