2つの種のストーリー

いいため話 自然
画像:http://free-photos.gatag.net/

花の種が春を前にしていた。

冬の間、土の中でたっぷりと水を吸い、暖かくなってきたため、いまにも土へ芽を出そうとしていた。

一粒の種が、

「さあ、待ちに待った春がやってきたわ。

私これから地上にでるわ。

それにはまず、根を思い切り深く張るわ。

根本をしっかりしておかなければ、水分もとれないし、

地上の茎を支えられないし、

大きくなって、大きな花も咲かせることができないわ。

地上は春の太陽をサンサンと浴びているでしょうよ。

ああ、待ち遠しいわ。

春風だって、やさしくしてくれるわ。

精一杯きれいに咲いて、蜂蜜さんに蜜をあげるわ。

人間たちも私たち花の咲くのを楽しみにしているはずよ」

もう一粒の種は、

「あなた、楽天的ね。私はやめておくわ。

根っこを深くおろすのは大変よ。

せっかく伸ばそうとしても、下に石がいっぱいあるでしょ。

どうして、こんなに石だらけにして置くのかしら。

畑の石ころぐらいとってくれたっていいはずよ。

それにさ、地上に芽を出すっていってもさ、

どれくらい芽をだしたら地上へでられるか、わかってるの?

もし、途中で力が尽きたら、それで、おしまいだわ。

ああ、恐ろしい。そればかりじゃないでしょ。

地上に芽をだして、小鳥についばまれたらどうするの?

雨がふるかどうか当てにできないし、降ればどしゃぶりかもよ。

苦労して花を咲かせても、誰も見てくれないかもしれないし。

近所の悪ガキどもに、踏みつけられたらおわりよ。

私、やめとくわ。

あなたがうまくいってからにするわ」

かくして、一粒の種は大きくきれいな花を咲かせて、

蜜蜂にも人々にも喜ばれたが、

もう一粒の種は、

発芽のタイミングを誤って、土の中でむれて腐って、

日の目をみることはなかった。

引用:転ばぬ先の智恵 転んだ後の杖
笠巻勝利 著
講談社