スティーブ・ジョブス「2006年スタンフォード大学 伝説のスピーチ」

いいため話 スティーブ・ジョブズ
画像:http://opti.co.jp/

私は17の時、こんな言葉をどこかで読みました。

確かこうでした。

「来る日も来る日もこれが人生最後の日と思って生きるとしよう。

そうすれば、いずれ必ず

間違いなくその通りになる日がくるだろう」

それは私に強烈な印象を与える言葉でした。

そしてそれから現在に至るまで33年間

私は毎朝鏡を見て自分にこう問い掛けています

「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら

今日の予定は、本当に私のやりたいことだろうか?」

それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと

そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟ります。

自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。

これは私がこれまで人生を左右する重大な選択を迫られた時には常に

決断を下す最も大きな手掛かりとなってくれました。

何故なら

ありとあらゆる物事はほとんど全て…

外部からの期待の全て…

己のプライドの全て…

屈辱や挫折に対する恐怖の全て…

こういったものは我々が死んだ瞬間に

全て、きれいサッパリ消え去っていく以外ないものだからです。

そして後に残されるのは

『本当に大事なこと』だけ。。。

自分もいつかは死ぬ。

そのことを思い起こせば

自分が何か失ってしまうんじゃないか

という思考の落とし穴は回避できるし

これは私の知る限り最善の防御策です。

君たちはもう素っ裸なんです。

自分の心の赴くまま生きてならない理由など

何一つない。