禁煙に挑戦した人のうち85%が失敗している

banner02
いいため話 煙草
画像:http://free-photos.gatag.net/

アメリカ政府のウェブサイトには、いささか意外な情報が載っています。

それは、一般市民が新年に立てる誓いです。

とくに多いのが「減量」と「禁煙」。

毎年1月になると、多くの人びとが「今年こそ運動をして健康になり、スリムなジーンズをはこう」「煙草(たばこ)にこれ以上無駄なお金を費やすのを止めよう」と決意するのです。

それでも、減量に成功し、スリムな体型を維持できる人はごくわずかです。

アメリカ人は依然として太り過ぎであり、細身のジーンズはクローゼットのなかで眠ったままです。

アメリカの喫煙者の割合は人口の約2割。

そのうちの7割が禁煙したいと考え、さらにそのうちの約5割(1900万人)が過去1年の間に実際に1日以上の禁煙を試みています。

しかし、成功したのはわずか300万人。

つまり実際に禁煙に挑戦した人のうち85%が失敗しているのです。

自制心は「生まれつきのものであり、努力しても高められない」と誤解されています。

しかし、自制心は筋肉と同じように鍛えられます(逆に、鍛えなければ弱まります)。

最新の研究では、日常的な鍛錬(「エクササイズをする」「家計簿をつける」「食事の内容を記録する」など)によって、自制心が総合的に強化されることがわかっています。

2週間、毎日エクササイズをした被験者が、健康面での向上だけでなく、「流しに食器を溜めない」「衝動的な買いものをしない」などの他の面での自制心の向上を示したのです。

別の実験では、被験者に自制心が求められる行動(「利き手と逆の手で歯磨きや食事、ドアの開閉、マウスの使用などを行なう」「言葉遣いに気をつける」など)を行なわせたところ、何もしなかった対照群のグループと比べ、自制心が求められる作業を効果的に行なえるようになったことがわかりました。

『やってのける』大和書房