【人生論】リチャード・テンプラー「人生はピザだ!!」

いいため話 ピザ
画像:http://free-photos.gatag.net/

私はピザが好きだ。

ペパロニ、モッツァレラチーズ、トマト、厚切りハム、ピリッと辛いケッパー、オニオン。

どれもがすばらしい。

問題はオリーブだ。

私はオリーブが食べられないのだが、あれは注文もしていないのにピザに乗っていることがある。

嘆かわしいかぎりだ。

うちの子供たちも、小さいころは、自分の嫌いなものが1つでも乗っているピザは食べようとしなかった。

「マッシュルームきらーい!」

「焼いたトマトなんて気持ち悪い!」

それでも、もしピザが食べたいのなら、オリーブやマッシュルーム、トマトは自分で何とかしなければならない。

そうでないと、ピザはまったく食べられない。

もうおわかりだろうが、私が言いたいのは「人生はピザである」ということだ。

ピザはいろいろな具が乗っているものだ。

だからピザが食べたかったら、嫌いな具も含めて、それがピザなのだと受け入れるしかない。

今の仕事は好きだが、どうしてもがまんできない上司がいる。

そんなケースもそうだ。

上司も含めたすべてが仕事なのだ。

いいとこ取りはできない。

愛するパートナーだが、ときどきケンカ腰になるのだけは許せない、というのなら、それもパートナーだと受け入れる。

むしろその欠点のおかげで、その他の点がすばらしく感じられるのだ、と考えるといいだろう。

親の中には、子供にぴったりの学校を探して、何度も転校させる人がいる。

もちろん、完璧な学校なんてない。

それに子供はどんどん大きくなるから、ずっと転校をくり返すこともできない。

人生に完璧はない。

人生のあらゆることで完璧はありえない。

人生のおいしい部分には、嫌いなオリーブもついてくる。

だから文句を言うのはやめよう。

つまんでよけてもいいし、がまんして食べてもいい。

あとはおいしい部分だけが残っている。

丸ごと受け入れて、ゆっくりと大好きなピザを楽しもう。

引用:リチャード・テンプラー著
『できる人の人生のルール』ディズカヴァー