ウォルト・ディズニーがなぜディズニーランドをつくったか??

banner02
画像:http://img.welt.de/

ウォルト・ディズニーがなぜディズニーランドをつくったかというと、彼の生い立ちに関係しています。

ウォルトは元々裕福な家で育ったのですが、親が親族の借金の連帯保証人になっていたことから、経営していた会社がつぶれてしまいます。

一気に貧乏暮らしとなった彼は、孤独な少年時代を過ごすことになるのです。

その当時、住んでいた家の屋根裏部屋に一匹のねずみがいたそうで、彼はそのねずみをペットにして心を癒したと言います。

ミッキーマウスというのは、その時のねずみが元となって生まれたキャラクターです。

世界大戦後の不安定な世の中で、“何とか人を元気づけるものをつくりたい”。その時ウォルトが思い出したのが、屋根裏部屋のねずみだったのです。

そのねずみが、アニメーションとなり、ディズニーランドというテーマパークの看板キャラクターとなり、現在まで続いています。

引用:日本人にしかできない「気づかい」の習慣
上田比呂志 著
クロスメディア・パブリッシング