松下幸之助「世の中の道理に従えば順調に進む」

banner02
画像:http://free-photos.gatag.net/

道理を知る心

「素直な心というものは

広い視野から物事を見

その道理を知ることのできる心である

素直な心がない場合には

とかく物事にとらわれがちとなり

ついつい無理をしてしまうことになりやすくなる

素直な心になれば

すべてに対して順応していくことができるから

何でも自分の思い通りにすることができるようになる」

物事には道理(物事のそうあるべきみちすじ)があります

道理に従えば、順調に進む

道理に逆らうと、無理が生じ

思うようにいかないと仰ってます

たとえば、人に不満があるからと言って

相手を変えようとしても

無理な場合がほとんどです

人にイライラしてしまうのは

(無意識に)相手が変わることを期待しているからです

「相手がそのままでいい」

と思えるのなら

そんなにイライラしないはずです

人にイライラしたくないのなら

相手が変わることを期待するよりも

自分(の考え方)を変えるほうが道理ではないでしょうか

たとえば、過去の不幸な出来事を嘆いたり悔やんだりしていてもしかたがありません

過去の事実を変えることはできない

というのが道理です

しかし、過去の出来事に対する自分の考え方を変えることはできるのだと思います

希望がある場合、やればうまくいく可能性はあるはずです

やらなければ可能性はない

というのが道理です

幸せになるためには

幸せの目標をもって努力することが大事

実現可能な目標・現実的な目標をもつことが肝心だと思います

引用:『素直な心になるために』(松下幸之助)より