「奇跡」が舞い込む感謝の法則

banner02
幸せ いいため話
画像:http://publicdomainq.net

【自分中心から、相手中心へ 愛の形を変えると 状況は一転します。】

社会(宇宙)に敵意を持ち続けている間は、社会(宇宙)はその人の思うようには展開しません。

しかし、敵意を捨て、その対極に向かって舵を切ると、状況は一転します。

これは男女や親子といった人間関係についても同じです。

いくら自分が思っても相手がそれに応じてくれない、とイライラしている人がいます。

そして相手を恨んだり、呪ったり。

そうすると事態は悪くなる一方で、何ひとついい方向にはいきません。

しかし、「その人が幸せになってくれるなら自分はどうでもいい」と思えたとします。

自分中心の「愛欲」から、相手中心の「愛情」に移行したのです。

すると、“奇跡”が起きます。

背中を向けて離れようとしていた人が、こちらを振り向き、逆に近寄ってくるのです。

「敵意」の対極にあるのは「その人に何をしてあげられるか」「その人がどうしたら幸せになれるか」を常に考えるエネルギー、それを「愛情」と呼びます。

これは自分が最もかわいい「愛欲」とは根本的に違います。

_______

たくさんの「奇跡」が舞い込む感謝の法則

小林正観 著

宝島社