経済の専門家であるアーサー・ブルックスは収入と寄付金との関係を調査した。その結果が凄い。

banner02
画像:http://free-photos.gatag.net

2000年時点のアメリカ人約三千人のデータを利用し、収入と寄付金に影響を与えそうなすべての要因(学歴、年齢、人種、宗教、政治信条、婚姻関係の有無)なども考慮された。

予想どおり、収入が高いほど、寄付する額も多くなった。収入が1ドル増えるごとに、寄付金は0,14ドル上昇したのである。

ところが、それよりはるかに興味深いことが明らかになった。

何と、寄付金が1ドル増えるごとに、収入が3,75ドル高くなったのである。

確かに、与えることで人びとは金持ちになっているようだった。

(中略)

心理学者のエリザベス・ダン、ラーラ・アクニン、マイケル・ノートンが調査を行い、被験者に朝、自分の幸福度を評価してもらい、続いて、思いがけない贈り物__20ドル(約2千円)入った封筒__を渡した。

ただしルールが一つだけあり、それは、20ドルを午後五時までに使わなければならないことだ。

そのあと、被験者は再び幸福度を評価した。

20ドルを自分のために使った人と、ほかの人のために使った人の、どちらが幸福度が高かっただろうか。

たいていの人は、自分のために使ったほうが幸福度が高いだろうと考えるが、それは間違いだ。

実のところ、自分のためにお金を使っても、幸福度は変わらなかったが、ほかの人のために使った人は、幸福度がかなり上がったと報告しているのだ。

引用:GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代
アダム・グラント 著
楠木 建 監訳
三笠書房