運動による「幸せホルモン」

運動 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

筋トレをすれば気分や活力、やる気がぶち上がっていく。というか、上がらないわけがない。

すでに軽く触れているが、筋トレ(適度な運動)はさまざまなホルモンの分泌を促進する。

テストステロンやアドレナリンなどのやる気や活力アップ系のものから、「脳内麻薬」とも呼ばれるエンドルフィン、「幸せホルモン」と呼ばれリラックス効果のあるセロトニンなどだ。

合法かつ健康的にハイになれるのが筋トレなのだ。

運動後を思い返してみてほしい。

「いい汗かいたわ~」って気持ちよくなるよな?

あの爽快感こそホルモン分泌の証である。

しかも、運動によって体に適度な疲労感を与えてやることにより、寝付きもよくなる。

筋肉が成長するのは就寝中だから、自主的に睡眠時間を確保しようと心がけるようにもなる。

体脂肪を減らし筋肉を増やすために食事管理も同時進行でやっていくから、体調もよくなる。

結果、自律神経が整い精神的にも肉体的にも余裕が生まれてくる。

心身ともに体を正常な状態にキープしてくれるのだ。

(中略)

活力ややる気をアップしたいなら、筋トレ。

そして、人間関係を180度好転させたいなら、筋トレ。

筋トレでポジティブスパイラルに突入するのだ!

え、まさかと思うけど、まだ迷ってる人はいないよね?

_______

筋トレは必ず人生を成功に導く

Testosterone 著

PHP