吉田松陰「顧ふに人読まず。 即し読むとも行なわず」読書から成功を導く方法

banner02
画像:http://free-photos.gatag.net/

人が本を読まない現実、そして本を読んだ人は成功する事実。

これは歴史が証明しています。

江戸時代、歴史を動かし松下村塾を主宰し多くの歴史上の人物を輩出した吉田松陰。

彼は晩年このような言葉を残しています。

「顧 ( おも ) ふに人読まず。 即 ( も ) し読むとも行なわず」

これは「人は本を読まないものである。そして読んだとしてもその内容を実行に移さない」という意味です。

江戸時代末期から、人はあまり本を読まないこと、そして、本を読んだ人が成功すると言われていたのです。

本を読んでも大半の人が行動しない、というのは日本だけのことに限られません。

世界的なアラブ研究者であるビルハリス氏は、「行動する2%になれ」と講演で訴えかけています。

アメリカでも本を読んで実際に行動する人は2%にすぎないのです。

本を読んで行動する人がこれだけ少ないということは、行動するだけで、行動しない98%の人に圧倒的な差をつけることができるということです。

そう考えるだけでワクワクした気持ちになりませんか?

引用:間川清 著
『夢をかなえる読書術 ビジネス書の底ヂカラを引き出そう』フォレスト出版