山が高ければ成功する確率が上がる理由

banner02
上向く いいため話
画像:http://publicdomainq.net

昔、江州(ごうしゅう・現在の滋賀県)の商人と他国の商人が、二人で一緒に碓氷(うすい)の峠道を登っていた。

焼けつくような暑さの中、重い荷物を山ほど背負って険しい坂を登っていくのは、本当に苦しいことだった。

途中、木陰に荷物を下ろして休んでいると、他国の商人が汗を拭きながら嘆いた。

「本当にこの山がもう少し低いといいんですがね。

世渡り家業に楽なことはございません。

だけど、こうも険しい坂を登るんでは、いっそ行商をやめて、帰ってしまいたくなりますよ」

これを聞いた江州の商人はにっこり笑って、こう言った。

「同じ坂を、同じぐらいの荷物を背負って登るんです。

あなたがつらいのも、私がつらいのも同じことです。

このとおり、息もはずめば、汗も流れます。

だけど、私はこの碓氷の山が、もっともっと、いや十倍も高くなってくれれば有難いと思います。

そうすれば、たいていの商人はみな、中途で帰るでしょう。

そのときこそ私は一人で山の彼方へ行って、思うさま商売をしてみたいと思います。

碓氷の山がまだまだ高くないのが、私には残念ですよ」

『座右の寓話』ディスカヴァー