からだの維持は「ありじごく」に似ています

体 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

たとえは悪いのですが、からだの維持は「蟻地獄(ありじごく)」に似ています。

しっかりと前に進まないと、ずるずる後ろ(下)へと落ちます。

前に進む、つまり常にからだを動かす、鍛えていなければ、ずるずると衰え、さまざまな病気になりやすくなるのです。

皆さんの多くが望んでいる死に方は「ピンピンころり」でしょう。

長いこと寝たきりになる状態を望む人などいません。

でも、と考えます。

ピンピンころりと旅立つためには、まずピンピンしていないといけません。

普段から元気でないといけません。

そのためには、もっとからだを動かすこと。

「疲れる、面倒くさい」

そう考え、楽なほうへと流されないでください。

また、からだは「借り物」という事実をお忘れなく。

私たちのからだは、なるたけ傷をつけずに、他界するその日に天へとお返ししなければなりません。

その意識がなければ、からだへの感謝の念も生まれません。

すこやかに生きる。

身軽に、無理なく生きる。

私たちは皆、地球に住まわせていただいています。

「お天道さまに、生かされている」

この事実を、いつも忘れたくないものです。

『身軽に生きる』海竜社