「成功おじさん」の最優先ルール

banner02
法則 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

生きることを学ぶには、ポジティブな姿勢と心の眼、このふたつを育てることから始めよう。

《第一に、誰に対しても、どんなときでも、何かポジティブなことを言う》

そんなことは不可能だって?

わたしは、そうしなければならないと言っているのではなく、そう努めるようにと言っているのだ。

達成はできないにしても、常に「成長の途上にある」ことはできるのだから。

へたをすると、わたしたちの会話の99パーセント近くがネガティブなものになる。

誰かをほめるのではなく、ネガティブなことことを口から出したくて、うずうずしている人もいる。

わたしが言っているのは、皮肉交じりのお世辞とか余計なひとこととかではなく、正真正銘の厭世主義(ペシミズム)のことだ。

仕事の場でも、教会や家庭でも、他人に何かポジティブな言葉をかけようとする人こそ、その場の雰囲気をいちばん明るくする。

何についても、誰に対しても、いつも何かポジティブなことを口にするというのは、そう望めばできることだ。

わたしはそう信じている。

次のふたつのせりふが、どんな差をもたらすか、考えてみよう。

「この雨で何もかも台なしだ!」

「あのきれいな虹を見てごらんよ!」

誰に対しても、何かポジティブなことを言う習慣を身につければ、全員に話しかけなくてもすむようになる。

どこに行っても、あなたのイメージが、その場の雰囲気をポジティブにするからだ。

『「成功おじさん」の最優先ルール』PHP研究所