お金儲けと美意識

美意識 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

何かをするときのやり方、そこに「美意識」というものがあるかないかというのは、ほんとうに大きな問題だと思います。

昔の日本人は貧しかったけれど「美意識」というものをもっていました。

だから、貧しさということをそんなに恥とせずに、人に対して恥ずかしいことはしたくない、そんなことはできない、という「美意識」がありました。

いまは、ありません。

おカネさえ貯めればいい。あるいは地位を固めればいいというので、手段や方法を問わない。

そこに日本中が悪化してる大きな原因があります。

そして、人を評価するのも、すべて経済基準で見てしまう。

おカネをいくらもっているか、いくら稼ぐか、それだけです。

会社も人も、みんながそれぞれのわがままに基づいて、勝手気ままに生きています。とんでもないことです。これでよくなるわけがありません。

(中略)

少なくとも私の子供の頃は、おカネを稼ぐ稼ぎ方に美意識がありました。

わずかしか稼げない人は、わずかしか稼げなかったおカネの範囲で生活をしていました。

稼ぎが少なければ少ないなかで家族もそれで納得して、苦しいけれどもそれに耐えて生活してきました。

それが、いまはどうですか。

稼ぐおカネより余計使っても平気じゃないですか。

そのためどんどん借金もします。

そこには美意識も何もありません。

_______

「大」を疑え。 「小」を貫け。

桜井章一 / 鍵山秀三郎 著

講談社