司馬遼太郎「人間というもの」

banner02
司馬遼太郎 いいため話
画像:culcul かるかる

「豊臣秀吉も徳川家康も、だまっていてもどこか愛嬌(あいきょう)のある男だった。

明智光秀は智謀こそそのふたりよりすぐれていたかもしれないが、人に慕(した)い寄られる愛嬌がなかったために天下をとれなかった。

英雄とは、そうしたものだ。

たとえ悪事を働いても、それがかえって愛嬌に受けとられ、ますます人気のたつ男が、英雄というものだ。

竜馬にはそういうところがある。

ああいう男とけんかするのは、するほうが馬鹿だし、仕損(しぞん)さ」

「竜馬は英雄ですか」

「においはあるな」

「しかし、かれは学問はありませぬ」

「もろこしの項羽(こうう)は、文字は名を記するに足る、といった。

英雄の資質があれば、それで十分さ。

書物などは学者に読ませておいてときどき話させ、よいと思えばそれを大勇猛心をもって実行するのが英雄だ。

なまじい学問などをやりすぎれば、英雄がしなびてくる」

竜馬も、ニコニコした。

その笑顔が、ひどく愛嬌があり、(おお、みごとな男じゃ)と西郷は思った。

漢(おとこ)は愛嬌こそ大事だと西郷は思っている。

鈴虫が草の露を慕うように万人がその愛嬌に慕い寄り、いつのまにか人を動かし世を動かし、大事をなすにいたる、と西郷はおもっている。

もっとも、西郷の哲学では、愛嬌とは女の愛嬌ではない。

無欲と至誠からにじみ出る分泌液だとおもっている。

《竜馬がゆく》

『人間というもの』PHP文庫