頑張るのをやめる

banner02
頑張り いいため話
画像:http://publicdomainq.net

たいていの人は、もっと裕福になれさえすれば、もっと豊かな気分になるだろうと思っています。

確かにそのとおりです。

でも、もっと豊かだと感じられさえすれば、もっと豊かになれるということに気づいていません。

貧乏だと感じてそのように振る舞っていたら、あなたは富を引き寄せることはできません。

同様に、裕福だと感じていたら、貧しくなることはできません。

望むもの、もしくは望むことを叶える手段をすでに手にしているかのように話したり振る舞ったりすることで、豊かさをくみ上げるポンプに呼び水を入れましょう。

望むものを手に入れた状態を想像して味わい、すでにそうであるかのように想像に入り込むことができれば、あと少しでそれを手に入れるところまできています。

理想の状態にいるところを想像できれば、その状態を実際に生きるようになるのは時間の問題です。

精神的、感情的、ときには肉体的にあなた自身を理想の世界に置いてください。

理想がやってくるまで待たないで、自分から理想の場所に行くのです。

地元のカルチャースクールで写真のクラスを受講するもよし、夢のバケーションを扱っているパンフレットを取り寄せるもよし、レコーディングスタジオのボランティア・アシスタントになるもよし、気になる人をデートに誘うもよし。

突然、かつては無理だと感じられた目標が、可能だと感じられます。

すぐ手の届くところにあると感じることさえあるでしょう。

_______

頑張るのをやめると、お金とチャンスがやってくる

アラン・コーエン 著

本田 健 訳

PHP文庫