freedom from(〇〇からの自由)

banner02
選択 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

僕たちって、どちらかと言うと、「freedom from(〇〇からの自由)」のことばっかり考えているんだけれど、これはどちらかと言えば前提なんですよね。

それがなければなにもはじまらない。

「〇〇からの自由」って、言ってみれば過去からの自由なわけです。

それに対して「freedom to(〇〇への自由)」は未来に向かっているでしょ。

そして「availability(状況が求めることに応じる自由)」は現在の話です。

「freedom from(〇〇からの自由)」を得て、過去からのともづなをまず切っておかないと、未来や現在に自由が生きてこない。

足に重しがついたみたいで、それこそ自由に羽ばたけない。

だから、この三つの自由は一つのセットになっているんですよ。

「自由」があるからこそ、「本来的な自分」を表現できるわけです。

「自由」がないと、「自分」なんか表現できないですよ。

借り物の自分を表現しているだけになってしまいます。

「自由」って、決して、「好きなことがなんでもできる」という意味ではないんですよね。

昔、フリーセックスというのがはやった時期があったけど、実態は性欲にひきずり回されているだけで、フリーどころか不自由そのものの、性欲の奴隷状態になっている場合が多かったようです。

できないことはできないと受け入れ、してはいけないことはしないと自分を律していくことも、自由の中に組み込まれているんですね。

_______

青虫は一度溶けて蝶になる

藤田 一照 著 / 桜井 肖典 著 / 小出 遥子 著

春秋社