先人の知恵

banner02
知恵 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

経験は貴重である。しかし、「何事も経験しなければ分からない」とまで話を拡げられると、それは嘘になる。

世に蔓延る極論の一種に落ちぶれる。

古の昔より、多くの人が毒キノコを食べて亡くなった。

それは個人にとっての悲劇である。

その悲劇を、我々は教訓として受け継いだ。

毒キノコは食べなくてもいい、経験しなくてもいいのである。

このような経験の集大成が人類全体の文化となり、知恵となった。

経験しなければ分からないことも、しなくても分かることもある。

しなくていい経験まで強要されるのは、「毒キノコを食え」と迫られることに等しい。

これは知恵の否定である。

『日のあたる所にはきっと影がさす』というのは、先人の知恵である。

大波乱の人生を望む者はよし、望まない者もまたよし。

感受性の強い者は、他者の失敗に敏感である。

鑑識眼に秀でているため、何もかもが「毒キノコ」に見える者もいる。

一般には毒でないものでも、毒になる体質を持った者もいる。

『食わず嫌い』は罪ではない。拒否は拒否として、一つの見識である。

「人生何事も経験だ」と主張する者は、何故「経験不要のものがあるという事実」を尊重しないのか。

孤独の中に暮らしたこともない人間が、何故それを経験しようとしないのか。

何事も経験だといいながら、何故「経験しないことも一つの経験だ」と認めないのか。

_______

処世の別解

吉田武 著

東海大学出版部