運のある人、運のない人

banner02
成功 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

運のない人は、「自分はそこそこ努力しているんですが、うまくいきません。どうしたらいいんでしょう」と言います。

この言葉自体、おかしいのです。

本当に努力している人は、「努力しています」とか「こんなに努力しているのに」とは言いません。

そういうことを言わない人のほうが、実際はたくさん努力しているのです。

「努力しています」と言うのは、「努力したから許してね」という甘えになります。

または、「こんなに努力しているのに、なんでうまくいかないんだ」と、逆恨みが起こります。

本当に努力している人は、自分の努力と工夫がまだ足りないと考えています。

「努力しています」という言う人は、ほかの人の努力や工夫が見えていません。

「自分のほうが努力している」「自分はこれだけやっているのに」と文句を言うのです。

日本人が好きな英語のフレーズに「do my best」があります。

運のある人は「do my best」とは言いません。

「I’ll do my best」は、やる前から言いわけをしています。

「全力を尽くしますから、結果がでなくても許してくださいね」ということです。

運のある人は、「やるだけやってみます」とは言いません。

ひと言、「やりましょう」とだけ言います。

ゴールを目指して、ひたすら突き進むのです。

『運のある人、運のない人』ぱる出版