自分の才能を信じない人

banner02
才能 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

世の中には2種類の人がいます。

自分の才能を信じ、より多く使っている人と、才能などないと信じ、まったく使っていない人。

才能を使っている人は、自分の持ち場を大切にしています。

持ち場とは、感動を生み出す舞台のこと。

オリンピックという舞台で輝く人もいれば、ビジネスという舞台で輝く人もいます。

人を応援して輝かせる黒子として輝く人もいれば、自分が輝いた光で人を輝かせる人もいます。

すべては、キャスティング(配役)の妙。

今いる場所が持ち場なのか、別の場所が持ち場なのか迷う人がいます。

人生における持ち場のステージは、移動していくのが基本。

どんなに素晴らしい舞台もいつか終わり、次の新しい舞台が始まる。

人生というドラマも同じく、いまよりバージョンアップした舞台が必ず用意されています。

しかし、今のステージで最善を尽くさない限り、次のステージの切符は手に入らないのが、ドラマのルール。

目の前のステージはすべて、未来のより大きなステージへつながるオーディションの機会なのです。

このシステムを知らない人は、今いる舞台で自分を過小評価したり、他人のキャラクターを一生懸命演じたりしながら、日常を過ごしています。

他人を演じるのはプロの俳優に任せましょう。

あなたには、あなた自身という、最高のキャストを演じる責任があります。

_______

感動力の教科書

平野秀典 著

ディスカヴァー