引き寄せの法則では「ないを見ない」

banner02

引き寄せの法則では「ないを見ない」のも大切です。

「あるを見る」のだから、その逆でしょ?わかっとるわい!って?

いえいえ、これがなかなか、意外とできないものなんですよ。

たとえば今持っているパソコンが古くなったので、新しいパソコンが欲しくなったとします。

そこで新しいパソコンの情報を調べて、「おおっ!こんなにハイスペック!手に入れるのが楽しみだなあ!」「これぐらいの値段なら近いうちに買えるかも!」なんてワクワクしていれば、本当に近いうちに手に入ります。

ところが、人というのは「新しい〇〇を欲しい」と言いながら、「古い〇〇」に意識を向けてしまっているのです!

新しいパソコンが欲しいと言いながら、古いパソコンのことばかりを考えて「このパソコン遅いなあ」とか「バッテリーがすぐに切れるなあ」なんて文句を言っていたりするのです。

「望まないもの」に意識を向ければ向けるほど、望むものは手に入りません。

「望まないもの」ではなく「望むこと」に意識を向ける!これが妄想の法則の鉄則です。

最初はなかなか難しいかもしれませんが、習慣づけると必ずできるようになっていきます。

「望むもの」はお金がある生活ですか?ない生活ですか?

わざわざ「望まないほう」ばかりに目を向けて生活していませんか?

今はもうすでに過去であり、未来をつくるのはこれからの自分の思いです。

「ない」ではなく「ある」「持っている」に意識を向ければ、「ある」はどんどん拡大していきます。

_______

ありえない「妄想」でお金も恋も引き寄せる!

かずみん 著

秀和システム