【斎藤一人】人生って、与えられた環境でしあわせになるゲーム

banner02
画像:http://free-photos.gatag.net/

人生って、与えられた環境でしあわせになるゲームみたいなものなんです。

だから、相手を変えようとしちゃダメなの。

ポーカーでもなんでも、配られた手にいちいち文句を言ってたら勝てないんだよ。

この世に起きたことは、なんでも自分にとって得になるように考えるの。

自分にとって損なことって絶対、考えちゃダメなの。

自分にとって損なことを考えて得することってないの。

私は中卒だけど、中学卒業して早く社会に出て得だって、自分で言ってるから得なの。

これがもし私が大学を卒業してたら、「やっぱり学歴も大事なんだよ」って言うの。

だって、自分にとって不利なことを言ってもしょうがないから。

会社に行って自分が天国言葉(ついてる、うれしい、楽しい、感謝してます、ありがとう、ゆるします)をしゃべってると、「そうじゃない!」って言う人が出てきたりするんです。

そんなとき、「あの人が私の言うことを否定するからイヤになっちゃう」じゃないの。

サッカーでもなんでも、邪魔が入るから面白いの。

キーパーも誰もいなくて、「どうぞ、好きなだけ入れてください」とかって言われたら面白くないよね。

自分がいくら正しいことをしていても、それに反対するような人は必ず出てきます。

それは、その人たちがあなたの人生の盛り上げ役だからなんだよね。

だから反対したりするような人に、「今日も私の人生を盛り上げてくれているな」って思えばいいんです。

なんでも自分の得になるように考えられるのが、得な人生なんだよ。

だから会社に行ったらそういうふうに考えるの。

それで楽しく自分の仕事を終わらせたら、次にまだ終わってない人の仕事を手伝うの。

楽しく生きるとは、楽しいことを考えることなんです。

人に楽しくしてもらおうと思っちゃダメだよ。

楽しいっていうのは、なんにもなくても楽しいの。

なんにもなくても「楽しいなぁ」って言えば楽しくなるの。

それが言霊の現象なんです。

引用:斎藤一人 著
『変な人の書いた世の中のしくみ』サンマーク出版