世の中で熱意以上に大切な要素はない

熱意 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

「成功というものには、いろいろな要素があるが、そのなかでとくに大事なもの、それは熱意だと思う」

とデール・カーネギーはいっている。

ご存じのように、デール・カーネギーは世界のベストセラー『人を動かす』の著者であり、いまも続いているデール・カーネギー講座の創設者である。

1955年、67歳で亡くなるまで、カーネギーは、全米一の社会教育家として、その名は広く知られていた。

彼が亡くなったとき、「ニューヨークタイムズ」は、1ページを割いて追悼の記事を掲げている。

それだけ、彼の残した足跡は大きかったといえる。

カーネギーの文献や講座の本質は“熱意”だといわれている。

その彼が存命中、よく講演をともにした人がフランク・ベドガーである。

ベドガーは、生命保険業界の人たちの愛読書『私はどうして販売外交に成功したか』の著者である。

このベドガーは、1888年にフィラデルフィアに生まれた。

貧乏な家庭に育ち、ほとんど小学校さえも満足に卒業しないで、苦労した人である。

うだつのあがらない保険セールスマンだった彼が、デール・カーネギーの演説講習会にたまたま出席したのが転機になった。

カーネギーによって熱意の精神を植え込まれた彼は、それ以来、人が変わったように熱意の人になった。

そして、ついに全米一の保険セールスマンになっていったのである。

彼はいっている。

「世の中で熱意以上に大切な要素はないと思う。

そしてこれが重要視されるのは、おそらくこういう素質をもつ者が少ないからであろう。

どうすれば熱意がもてるのか。

それは唯一つ、『熱意の人になるには、熱意をこめた活動をせよ』というのがそれである」

アメリカには、ポップ・フィロソフィーという哲学のジャンルが確立されている。

大衆に役立つ哲学という意味であり、生活実践哲学といっていい。

カーネギー講座などは、その代表的なものである。

日本でも、学校教育の現場で、もっとポップ・フィロソフィーがとりあげられてもいいのではないだろうか。

私は、高校生とその父兄を前に、幸福になるための実践哲学を講演することがある。

どうしたら熱意をもてるのか、どうしたら明るい行動がとれるのか、どんな人生観をもったらいいのか、といった内容を幸福と結びつけて話す。

学校側は終了後、全員に感想文を書かせる。

私もそのいくつかを見せてもらったことがある。

みんなは、私の動作・表情・姿勢から、何かを学びとってくれるようである。

ある女生徒は、こう書いていた。

「講師が、汗びっしょりで一所懸命に話しているのに驚いた。

あんなに年をとった人でもがんばっているのだから、私も、もっと真剣に勉強しなければいけないと思った」

仕事も教育も、原点は熱意をもってやることだと、この生徒の一文で確信を得た。

『心が迷ったとき読む本』PHP研究所