中田英寿「生き残る選手のたったひとつの条件」

banner02
画像:http://soccerking.s3.amazonaws.com/

「派手で美しいプレーを見せようと思ったら、地道な練習を死ぬほどしないと。

基本があれば、1を100にだってできるんだから。

基本がない選手は、いつか消えていくでしょう」

練習でいちばん時間を割いているのは、最も地味な対面パスだ。

「ふたり一組になって、パスを出し合う練習。

何度も何度も繰り返すこと。これが重要です」

しかし、何も考えないで蹴るだけでは、進歩はない。

「足のどの部分で、どれくらいの力で蹴ると、どういうパスになるのか、頭の中にインプットしながら蹴らなきゃ駄目。

球質や緩急など、イメージしたボールと同じボールを蹴れるまでパスを繰り返す。

そうやって練習して、ある程度ちゃんとボールが蹴れるようになると、いちいちボールに視線を落とさなくてもパスを出せるようになる」

実際、彼はチームでもこの基本練習に多くの時間を費やす。

同じ相手と何度も何度もパスを交わしている。

見ている者が飽きてしまうほどの単調なボールのやり取りに、一瞬たりとも気を抜く気配がない。

「この基本技術が、一瞬のチャンスをものにするよね」

引用:中田英寿 著
「中田語録」
文藝春秋より