神様にお願いをする時は過去形が良い?

banner02
祈る いいため話
画像:http://publicdomainq.net

Q 神社などで神様にお願いをする時は過去形が良い、と言われました。

たとえば、「健康になったことを感謝します」「宝くじが当たったことを感謝します」など、願いがすでに叶った後であるかのように願うほうが良い、と。

ウソをついているような気がしますが・・・。

A 過去形で祈るのは良いことです。

心にしっかり確立できた願いは、自動的に形になりやすい=叶いやすいからです。

この場合は、「祈り」というよりは、「意宣り(いのり)」で、「心に願いをしっかり定着させましたので、もう大丈夫です!」と宣言していることになります。

とはいえ、そこまで信念の強い方はあまりいないでしょう。

過去形で祈りながら、「なんだか、ウソっぽいなあ」と半信半疑になってしまう人が大半でしょう。

そうすると、その願いは叶いません。

「こんなのウソじゃないか」という「本音」の想いのほうが形となるからです。

ジョセフ・マーフィーさん(1898年~1981年。潜在意識の法則の提唱者)やエミール・クーエさん(1857年~1926年。自己暗示法の創始者)は、“過去形は抵抗観念を誘発する場合が多いから、進行形(ing形)で祈るほうがいい”といったアドバイスをしています。

たとえば、「ドンドン健康になっていっています、ありがとうございます」という具合です。

宝くじのほうは、進行形にはしにくいお願いですね。

そうした場合は「ドンドン経済的に豊かになっていっています、ありがとうございます」と祈りましょう。

クーエさんは、こうした「自己暗示法」で、個別の願いを叶えるよう指導しておられましたが、「副作用もある」と気づかれ、晩年には、「一般暗示」という方法で祈るように指導されていたそうです。

それは、「これから毎日、あらゆる面で、いっそう良くなっていきます」と、抽象的に祈る方法です。

神様にも、「神様のおかげで、毎日あらゆる面で、いっそう良くなっていきつつあります。ありがとうございます」と祈るのはおすすめです。

_______

開運!まいにち神様

立花大敬 著

KADOKAWA