言葉は現実化する

banner02
言葉 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

一人のクライアントさんから一本の相談の電話がありました。

その彼は私の「言葉は現実化する」理論の大ファンだと言ってくださる男性で、私が知る限り人一倍、一生懸命人を励ましている人でした。

久しぶりの電話にもかかわらず彼が落ち込んでいたので、理由を聞くと、落ち込んだ人を励まそうとプラストークをしているときに「なんかあなたの言葉って嘘くさいよね」という、まわりで聞いていた一人の発言をきっかけに笑われてしまった、という内容でした。

その話を聞いた私も寂しくなりました。

それは落ち込んだ彼に対してではなく、人を励まそうとしている人をバカにする、いまの日本に流れる風潮に対してでした。

彼と同じように、これからあなたがプラスの言葉で人を励まそうとしたとき、それを揶揄する人が出てくることもあるかもしれません。

心ない言葉を投げかける人もいるかもしれません。

笑われることもあるかもしれません。

しかし、もしそのような状況が来たときは、「あ、新しい自分の道がスタートしたんだ」と声に出してください。

「あいつは夢見がちだ」「理想ばっかり言いやがって」

古今東西、そう言っている側の人が、大きな成功をおさめる物語は存在しません。

どんな勇者でも、英雄でも、人に笑われたりバカにされたりする経験を通して、初めてサクセスストーリの入り口に立つ資格を得るのです。

「いい言葉を使ったからって、いい人生になるわけないだろ」

そう口にする人は、いい言葉をつくる習慣を実践していない人です。

言葉の力を実践し、その威力を知っている賢人は決してそんなことは言いません。

_______

言葉は現実化する

永松茂久 著

きずな出版