言葉の羅針盤

banner02
言葉 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

王が軍隊と共にインド遠征から帰ろうとして、ある砂漠を渡っていたときのことだった。

持参していた水が尽きる。

砂漠で水を失った者に待っているのは死である。

このとき兵士の一人が、どこからか水を見つけ、兜に汲み、それを王に渡す。

兵士の誰ひとり、水を飲んだ者はいなかった。

王だけは助けたいと思い、水を差し出したのだった。

しかし王は、それを受け取らない。

みなと苦しみを共にする、といい、手渡された水を砂漠に流す。

目に見える水は消えた。

しかしそこからは、信頼という名の、魂を貫流し、涸れることにない不可視な水が湧出した。

王と兵士たちは、この「水」を頼りに、多くの試練をくぐり抜け生還することができたのである。

_______

言葉の羅針盤

若松英輔 著

亜紀書房