一番むずかしい茨の場所を生きる

banner02
ワイン いいため話
画像:http://publicdomainq.net

ラーメン店を開きたいという人が、相談にやってきました。

そして、こう言うのです。

「すでに開業している近くのラーメン店を超えるなんて、そんなむずかしいことは、自分には無理。先輩ラーメン店にはぜんぜんかなわないけれど、その一番後ろで、やっていければいいんです」

すばらしく謙虚で、新しい事業者としての大切な資質をこの人は備えているなと、私には思えました。

けれどそれは、実は「一番むずかしい茨の場所を生きる」ことになります。

既存のお店の不満に何一つ応えるもののないこの人のお店に、お客様が来る理由が見当たりません。

何か一つでもいいのです。

たとえば、お客様の不満は「この地域のお店の接客の悪さ」でしょうか?

それとも「この地域に醤油系のおいしいお店は多いけれど、味噌系のおいしいお店が少ない」ことでしょうか?

それらに応えるのが、この人のお店です。

_______

「ひとり会社」の起こし方・育て方

波多野卓司 著

ぱる出版