ダブルに損をすると、得になる

banner02
馬 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

許すということは、損をすることなのかも知れないと思う。

だから、難しいのだ。

貰えるはずのものが貰えなかっただけでも、

「損した」と思うのに、

こちらがそれを与えるなんて、

これでは、“ダブルの損”だと、私は思ったのである。

ところが、やがて気づかされたのは、

ダブルに損をすると、「得になる」ということだった。

“シングルの損”だけにしておくと、

残るのは、腹立たしさや口惜しさだけであり、

折りあらば仕返しをと考える自分だけである。

ところが思い切ってダブルに損をすると、

そこには、ほめてやりたい自分が残り、

「よかった」という満足感が残るから不思議だ。

しかし、ダブルの損をするのは、決して易しいことではない。

~~~

出典

[目に見えないけれど大切なもの]

渡辺 和子 著

PHP研究所 より