男の顔は四十を過ぎたら自分の責任

banner02
男 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

よく「男の顔は履歴書」とか、「男の顔は四十を過ぎたら自分の責任」などといわれます。

これは男に限らず、人はある程度の年齢になると、持って生まれたその人の運と、それまでに得てきた運とが加味されて顔が整っていくということをあらわした言葉ともいえます。

顔には、その人の運がすべてあらわれ、そのときどきのツキの有無までわかります。

こういった観相学を修めた人ではなくとも、毎朝、自分の顔を鏡でチェックするという習慣をつければ、どんな人でも運を見る目が養われます。

肌の色つやがいいねえ、などとよく口にしますが、この色つやが顔を見るときの一番のチェックポイントになります。

いい状態、つまり運が向いているときは、まず顔のつやとなってあらわれます。

つやはその人の勢いをあらわすものですから、額がテカテカしていれば、ひじょうにいい運が向いてくる状態になっていると思っていいのです。

これは、単に脂肪が浮いただけではテカテカといった光は帯びないのですぐにわかるはずです。

ためしに、いま勢いのある政治家や財界人の顔をよく見てみればわかります。

まず例外なく、顔に光を帯びています。

このつやは人の心に正直で、気持ちが「明」ならば、ホクロまでつやつやしてきますし、「暗」になっていれば消えてしまうのです。

「水もしたたるいい女」「夕立のような女」と、昔の人はつやのある女のことを表現しましたが、これは、人間の体の三分の二を占める水分をエネルギーとして燃やして発散するほど、恋でも仕事でも心の動きが活発である人ということです。

生きのいい人のことを「みずみずしい」というように、まさしく水がつやとなってあらわれているわけです。

したがって、心にハリのない人はつやもなく、しぼんで見えるということです。

ですから、自分の顔につやがないと感じたら、朝、太陽を呑み込み、鏡のまえで笑うということを毎朝続け、明の体質づくりを心がけることがだいじです。

自分の顔をつやのないまま放っておくのは、みすみす運を逃がすようなものです。

『運の作り方開き方』PHP文庫