人間がなぜ繁栄したのか?

banner02
人間 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

最初、生物は海で生まれたといわれております。

その頃の地球はまだ若くて、灼熱地獄でした。

多くの生き物が死に絶えました。

私どもの祖先はそれをかいくぐって地上に上がってきたんです。

ここで大変動が起こります。

今度は氷河期がやってきました。

飢えと寒さでほとんどの生物が死に絶えました。

それもくぐり抜けて、気候が温暖になると、いろいろな生物が出てきました。

人類の祖先よりも力の強い恐竜が現れて、私どもの祖先はいじめ抜かれました。

見てきたようなことを言いますが、そういうことなんです。

私どもの体は三十八億年の間、一度も事故を起こしていません。

三十八億年間、ノーミスでここまで来ているんです。

生まれただけで丸儲けという言葉がありますが、それだけでは言い表せないような、まさに奇跡的な存在として一人ひとりが生まれてきたんです。

命が貴いとは、そういうことです。

自分の命を粗末にすること、あるいは他人の命を粗末にするということは、三十八億年かけて大自然が育てた命、私の言葉で表現するならばサムシング・グレードが育てた命を無駄にするということです。

_______

君のやる気スイッチをONにする遺伝子の話

村上和雄 著

致知出版社