【驚愕】豊臣秀吉が、最初から「天下を取ろう」「関白になろう」などと思っていなかった!?

banner02
画像:http://nk.xtone.jp

夢を語り合うのは、楽しい一時(ひととき)だ。

ある夜、まだ身分が低いころの秀吉の家に、朋友(ほうゆう)が集まった。

男たちは、酒を酌(く)み交わし、青雲(せいうん)の志をぶつける。

「一国一城の主(あるじ)になってみせる」

「いや、百万石(ひゃくまんごく)の大名だ」

「男と生まれたからには、天下を取ってみたい」

皆、意気盛んである。

この気概なくして、下剋上(げこくじょう)の乱世を生き抜くことはできない。

さて、秀吉の番になった。

「俺は信長様にお仕えし、苦労に苦労を重ね、今、ようやく三百石の俸禄(ほうろく)を頂く身になった。

あと三百石、加算してもらえるよう、がんばりたい」

あまりにも小さな夢だったので、朋友たちは、どっと笑った。

「男なら、もっとでっかい希望を持ったらどうだ」

秀吉は、皆を制して言った。

「おまえらは、所詮(しょせん)、かなわぬことばかり言っている。

地に足のついていない目的だから、あせって空回りするだけだ。

志を得ない愚痴や、不平、不満ばかり言うようになったら、もう向上はない。

だが俺は、手が届くことを言っている。

今、自分が頂いている仕事に全力を尽くせば、必ず認められる。

やるべきことがハッキリしているから、日夜、寝食忘れて没頭(ぼっとう)できるのだ。

一つの目的が成就したら、その喜びをもとに、また、次の仕事に集中していく。

一歩一歩、着実に積み重ねていけば、予想以上の結果が得られるだろう」

貧しい農家に生まれた秀吉が、信長の草履(ぞうり)取りとなり、織田家の武将として頭角を現すまでに、どれだけ下積みの苦労があったことか。

出世しても、常に、与えられた自己の場で、全力を尽くす姿勢を持ち続けたからこそ、天下人にまで昇(のぼ)り詰めたのである。

秀吉が、最初から「天下を取ろう」「関白になろう」などと思っていたら、どこかで無理をして挫折するか、失意に暮れて倒れていただろう。

一つ一つ、足元を固めて努力していくことが大切である。

引用:木村耕一 著
『こころの朝 自分らしく自分の夢を持って生きれば、道は開けてゆく』1万年堂出版