何かをはじめるときには、一言、“私はできる”といってはじめなさい。

banner02
はじめる いいため話
画像:http://publicdomainq.net

私は、子供たちにいつも次のようにいう。

「今日から“私はできない”といってはいけません。

何かをはじめるときには、一言、“私はできる”といってはじめなさい。

そうすると、たいていのことをなし遂げられるようになります。

その力を使ってもなおできなかったときに、“私はできなかった”といっても遅くはないでしょう」

子供が弱氣になって、「できない」などといったら、私は呼び止めて「コラッ。できるといいなさい」とやり直させる。

「できる」といおうが、「できない」といおうが、たいしたことはないなどと考えたら、大間違いである。

このささいないいまわしが子供の潜在意識に入っていき、その子を積極的にしたり、無氣力にしたりするのである。

このように子供にプラスの考え方をさせるには、親も子供をプラスに見なければいけない。

親や教師は、ときに子供をよい子と悪い子に分けたがるが、それは間違いである。

だいたい、10のうち、よいところが8で、悪いところが2の子供は、“まあまあよい子”の部類に入れられる。

逆に、よいところが2で、悪いところが8だったら、“悪い子”で、手がつけられないと見なされる。

これがいけない。

子供をプラスに見ようと思ったら、2のよいことに注目して、その子にさらに自信をつけさせるようにすべきだろう。

そうするとおもしろいもので、残りの悪い8は徐々に消えていくものだ。

_______

氣の威力

藤平光一 著

幻冬舎