自分がいままで苦手で手を出せなかったものに挑戦する

banner02
挑戦 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

定年で会社を辞めたとき、「自分がいままで苦手で手を出せなかったものに挑戦する」と宣言して、絵とカラオケを習い始めた人がいました。

何しろ、自他ともに認める音痴で、絵の宿題は、全部絵のうまい兄弟に頼んでいた人です。

そのことを知る友人たちは、からかい半分で、その姿を見ていました。

「まあ、やってごらんなさい」といったところだったのでしょう。

ところが一年後、彼は、歌でも絵でも、決して上手とは言えないまでも、驚くほどの進歩を遂げ、周囲をびっくりさせたのでした。

こういうとき、人は「人の可能性は無限のもの」と思うのかもしれません。

しかし一方では、「カエルの子はカエル」で、それ以外のものにはなれないという事実もあります。

つまり、人の能力や可能性は無限ではないという考え方です。

確かに、遺伝子にかかれている情報には限りがありますから、そこに書かれている以上のことはできません。

こんなことを言うと、自分の気に食わないところを、親からの遺伝のせいにする人がいるかもしれません。

実際、「頭が悪いのは、お母さんのせいだ」「走るのが速いお父さんに似ればよかったのに、運動神経は、お母さんの遺伝子を受け継いでしまった」などと言った覚えのある人は、意外と多いのではないでしょうか。

しかし、そういうふうに考えるのは、とんだお門(かど)違いです。

人間の全DNAで常にたんぱく質をつくるために働いているのは、じつは2パーセント、多くても10パーセントにすぎません。

つまり、細胞の中の全DNAは、30億もの膨大な遺伝情報を持ちながら、そのほとんどはオンになっていないのです。

一方、大腸菌などの下等生物の場合は、オフ部分はきわめて少なく、ほとんど全開状態で活動しています。

一般的に、高等動物になるほど、オフ部分が増えます。

そういう意味で、人はもっともオフの部分が多い生物と言えます。

これは、言い換えるならば、それだけ未知なる可能性を秘めているということです。

これから、どんな可能性が花開くかわからないのですから、あることができなくても、けっして親のせいにして諦めてしまわないことです。

遺伝子は全体の2パーセント程度しか働いていないのですから、私たちが「こうだったらいいな」と思うことは、ほぼ可能性の範囲にあるはずなのです。

ということは、逆に言えば、思わなければ可能性は広がらないということです。

ライト兄弟が飛行機を発明できたのは、「空を飛びたいな」と思ったからです。

エジソンが電気をはじめ、いろいろな画期的な発明をしたのは、すべて「こいうものがあったらな」「こういうことができたらな」と思ったからです。

『そうだ!絶対うまくいく!』PHP文庫