静止している物体を想像してください。

banner02
考える いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

自分を道の上に置いてあるボールだと思ってください。

つまり、ニュートンの法則で言うところの「静止している物体」です。

モチベーションに頼る方法では、行動を起こす前に自分をやる気にさせるように促しますが、何も考えずにただ1センチだけ前進して、その勢いを借りてさらに進むほうが簡単だとは思いませんか?

もちろん、そうですよね?

ほんの少しだけ前に進めば、あとは自然に転がっていけます。

そして、ひとたび転がり始めれば、もっと都合のいい2番目の法則―――「動いている物体は、外からの力が加わらないかぎり、その速さが変化することはない」に変わります。

私たちは目標に向かって、できるだけたくさん、できるだけ頻繁に動きたいと思っています。

そのために必要なのは、本当に簡単な最初のアクションです。

なぜなら、どんな課題でも、始めること自体が最初の抵抗を引き起こし、最初の壁となるからです。

スタートがいちばんむずかしい部分なのですが、それは必ずしもスタートをむずかしくしなければならないという意味ではありません。

最初のアクションが軽いひと押しでできることなら、最初の抵抗も小さくてすみます。

_______

小さな習慣

スティーヴン・ガイズ 著

田口未和 訳

ダイヤモンド社