【斎藤一人】天が味方する世の中の引き寄せ法則

banner02
画像:http://free-photos.gatag.net/

この世の中で起きるすべての問題には、その内容の困難さや出来事の大小にかかわらず、共通していることがあります。

それは、必ず最後には“なんとかなる”か“どうにかなる”。

この2つは明確なる“答え”なんです。

たとえばカンタンな例でいうと、「この本はこの人の役に立つな」と思って勧めても、一所懸命に読んでくれる人もいれば、まったく読もうとしない人もいる。

それで、一所懸命に読んでくれる人はそこから学びを得て、問題を解決できる人なんです。

そしてまったく読もうとしない人は、読まなくてもどうにかなる人。

だから両方とも“なんとかなる”か“どうにかなる”。

これが基準です。

この世でなんとかできるのは、自分のことだけなんです。

だから、自分のことは自分でなんとかするの。

他人(ひと)のことはどうにもならないんだよ。

それで、他人はどうにもならないかというと、なんとかなる。

「この人たち、放っておくと大変なことになっちゃうんじゃないか」っていうような人でも、見てるとそうならないの。

たとえば、まったく経済観念がない経営者がいて、「この人、大丈夫かな?」って思うけど、そういう人は経営者に向かないの。

だからしばらくすると、その会社はなくなって、その経営者は働きに出ることになったりしてるんだよね。

物事って、一番いいかたちに流れていくようになっているんだよ。

多くの人は「商売が続くことがいい」という固定観念があるんだけど、商売に向かない人が商売続けていてもしょうがないんだよ。

だから経営者に向かない人が商売していると、自然とお店がなくなって勤めにいくことになっているの。

そいういう人は、経営者には向かないかもしれないけど、勤め人ならなんとかなって、お給料もらって生活できたりするんだよね。

だから、人は必ずなんとかなる。

この世の中は必ず“なんとかなる”か“どうにかなる”ということを知らないと、勝手に思い詰めて自殺しちゃう人が出ちゃうの。

でも自殺しても魂は死なないから、また学び直すために生まれ変わってくるだけなの。

人は悩んでるんじゃなくて、学んでるの。

その人にとって必要なことを、その出来事を通じて学んでるんです。

そしてどんな問題も、その人にとって最善の方法で、自然の流れでいい方に行くの。

それを「自分が決めて始めたことなんだから、途中であきらめたらダメだ!」とかって、自分の価値観を相手に押し付ける人がいるんだよね。

スポーツで全国大会に出るような人は、出た方がいいから出られるの。

逆に、出られない人は出ない方がいいんだよ。

世の中というのは、「必ずなんとかなるんだ」という目で見てないと、苦労が絶えないからね。

引用:斎藤一人 著
『斎藤一人 天が味方する引き寄せの法則』(柴村恵美子)PHP