世界の超一流と接していて、いつも思うこと

banner02
女性 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

私が世界の超一流と接していて、いつも思うのは、

「お金を身近な存在とし続けることができている人ほど、読書量が多い」ということです。

その人が持っている肩書や活動しているジャンルやフィールドとは無関係に、成功している人を観察していると、活躍の度合いと読書量が正比例しているかのように感じられるのです。

もちろん、読書の中身はさまざまです。

自分が属している分野に関連した書籍を次々と読破するような人もいれば、ほとんど趣味としか思えないカテゴリーの書籍を好んで読み進める人もいます。

しかし、どちらの場合でも読書の中身を教えてもらうと、決してジャンルが極端に偏っていることもないようです。

自分のビジネスと直結した書籍ばかり読んでいるような人でも、その合間に無関係と思えそうなジャンルの書籍にも、きちんと目を通しているのです。

書籍に書いてある内容を、そっくりそのまま経験しようと思ったら一生かかるようなことでも、読書なら数時間で疑似体験や追体験が可能です。

ただし、読書をするときに気をつけたいのは、「自分が思うまま、やみくもに読んでも意味はない」ということです。

世の中の乱読家で、その読書量に比べてなぜか知見の幅が少ない人って、いますよね。

もはや「読書すること」が目的になっていて「知識を蓄えること」に意識が働いていないからです。

だから読書をするなら「その内容を脳に格納してやる!」ぐらいの気持ちで、集中して読まなければ意味を持ちません。

_______

お金を稼ぐ人は何を学んでいるのか?

稲村徹也 著

きずな出版