自分の生きている位置を知る

banner02
カフェ いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

インディアナ州との境にあるルイズビルの町のパプテスト教会で、

白い服を着たカーネル・サンダース氏にお目にかかったことがあります。

彼はその時、すでに70歳を過ぎておられましたが、

60歳過ぎてもどんな商売も当たらず、

貧乏のどん底で苦労されたことをお話くださいました。

しかし、彼は自分のいる位置を知っておられました。

どんな状況を与えられても、

愚痴らず、ぼやかず、感謝して、

少年のような夢を描きながら生き続けました。

そして65歳を過ぎた頃、

おいしいフライドチキンをつくる術を見だしたのです。

彼が私に話してくださったことは、

人間には小さな自分を越えた広い無限の世界があること、

その世界に自分の人生を投げ出し、あきらめず、

その可能性に満ちた人生で自分の位置を知り、

今、自分のできることを精一杯する時、

必ず、チャンスは次のステージへと招いてくれるのだということです。

~~~

出典

[掌の中の幸せ]

田中 信生 著

潮文社 より