失敗しても、必ずしも挽回する必要はない

banner02
猫 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

僕は「失敗しても、必ずしも挽回する必要はない」「簡単に挽回できなくて当たり前」だと考えています。

なぜなら、人間は失敗する生き物だから、失敗するたびに「挽回しなくては」と考えてばかりいると、やがて失敗することが怖くなり、身動きが取れなくなってしまいます。

(中略)

失敗すること自体には、なんの問題もありません。

失敗も勉強になるので、そこから何かを学び取ればいいのです。

これを、“喜怒哀楽の総量”という視点で考えてみましょう。

恋人ができた場合、その喜びは100ポイントのプラスになったとします。

でも、不幸にして振られてしまった場合、今度はマイナス100ポイントに相当しそうです。

つまりプラスマイナスゼロ。

恋人がいたという事実は、振られてしまったとたん、価値がなくなってしまうのです。

でも、僕はそうは考えません。

その経験を絶対値で捉え、恋人ができたのも、振られたのも100ポイント。

合計すると経験値が200ポイント上がったと考えるのです。

つまり、喜怒哀楽の総量として、人生を捉えるようにしています。

マイナスだと思われがちな経験も、「経験した」ことに違いはありません。

経験しなかった人よりも、確実に知識が増え、物事を判断するときの材料になるでしょう。

失敗も成功も、すべての経験から人は学び、賢くなることができるのです。

_______

本物の思考力

出口 治明 著

小学館新書