萩本欽一「一番尊敬する芸能人」

banner02
藤村俊二 いいため話
画像:ohyoi.ohyoiandsons.com

『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ系)のナレーターなどで活躍した『おヒョイさん』こと藤村俊二さん。

仕事中でもヒョイといなくなり、そしてヒョイと現れる。

だから『おヒョイさん』というニックネームがついたようです。

最初に会った頃、おヒョイさんは、ふわふわとした軽い感じで、口癖は「ぼくちゃん、お仕事、嫌い」「ぼくちゃん、考えること、ダメ。一生懸命やること、もっとダメ」でした。

そして、何をやっても先頭を切ってやるということをしない人でした。

「そんなことすると、ぼくちゃん、疲れるから」

そんなおヒョイさんを見て、「なるほど。そういう人なんだ」と思い込んでいました。

ところが、80年に『欽ちゃんのちゃーんと考えてみてね!』(日本テレビ系)という番組を一緒にやり、おヒョイさんを見直してしまいました。

長~いセリフが多いんです。

それなのにおヒョイさんは全然間違えずに、ビシッとやります。

「ぼくちゃん、ダメ」と言いながら、セリフを間違えたら本当にダメな人ですが、おヒョイさん、全然NGを出さないんです。

「すごいなぁ」と感心しました。

驚かされたのは、80年の秋に僕とおヒョイさん、それに何人かの人達で、ニューヨークのブロードウェーの舞台を観に行った時のことです。

日本では全く英語なんて使わないおヒョイさんが英語ペラペラ。

ホテルのチェックインから、どこでお土産買ったらいいかをスンナリとガイドしてくれますし、ブロードウェーの舞台でも「これはこういうお芝居なの」と全部、説明してくれます。

だから、僕達は全員、おヒョイさんの後ろにくっついて歩いたんですが、おヒョイさん自身は、皆の面倒を見ただなんて、全然威張りません。

そして、日本に帰ると、「僕は英語なんて知りません」と言う顔で、相も変わらず、ひょうひょうとしています。

「おヒョイさんてどんな人なんだろう?」。

興味を持った僕は、周りの人に聞いてみました。

お坊ちゃんでエリートなんです。

お父さんは『有楽町スバル座』などを運営する『スバル興業』の社長で、高校までは名門の暁星学園で学び、早稲田大学に進みました。

その後、舞踏家を目指して『東宝芸能学校舞踏科』に入学。

60年、『日劇ダンシングチーム12期生』としてヨーロッパ公演を行いますが、本場の芸の水準の高さに驚き、舞踏家を断念して振付師に転身します。

こんな話も聞きました。

『日劇ダンシングチーム』のヨーロッパ講演は1ヵ月の予定だったのですが、旅先でおヒョイさんの姿がヒョイと消えてしまったのだとか。

どうやら、パリジェンヌやイタリア娘と恋に落ち、数年間ヨーロッパに居ついた後、ヒョイと日本に帰ってきたそうです。

何年か前、久しぶりにテレビ局で会い、「おヒョイさん、また別の番組を一緒にやりましょう」と言ったら、「お仕事じゃなくていいじゃないの。遊びを一緒にやろうよ」

そう言ってニコッと笑い、「だってさ、ぼくちゃん、お仕事、嫌いだから」

軽妙洒脱で、ひょうひょうとしていて、粋でオシャレなおヒョイさん。

目立つことが嫌いで、人に気を使わせまいとするおヒョイさん。

そんなおヒョイさんは僕が一番尊敬する芸能人なのです。

『運が開ける欽言録』徳間書店