便宜主義こそが、堕落(だらく)の始まり。

banner02
堕落 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

便宜(べんぎ)主義で人生をよくした人を、私は見たことがありません。

便宜主義こそが、堕落(だらく)の始まり。

「まあ、これでいいか」というような生き方をしていて、よい人生が開けることはありません。

たとえば、掃除道具を吊るす紐(ひも)。

たかが掃除道具の紐かもしれませんが、この紐さえも私はないがしろにすることはありません。

最適と思われる紐を用意して、すべての道具に統一しています。

私がこれまで使用してきたのが、直径3ミリの「クレモナロープ:。

材質はビニロンとポリエステエルの混紡(こんぼう)。

通常、このロープを25センチの長さに切断し、道具の通し穴に通したうえで両端をきつく結びます。

結び目は、ほつれないようにライター等で軽くあぶっておきます。

こうしておくと、見た目にも美しく、よほどのことがない限りロープが外れるようなことはありません。

ロープの種類や長さがまちまちにつけられているようでは、掃除の定着さえも望めません。

ところが、よく見かけるのが、書類の綴(と)じ紐や電線、梱包(こんぽう)用の紐等で代用している光景です。

ついていればいい、という便宜主義の代表例。

堕落は意外と、こうした便宜主義から始まるものです。

最善の策に気づいたら、その場で変えておく。

億劫(おっくう)がって、そのまま放置しない。

手抜きをしない。

見て見ぬふりをしない。

堕落を食い止めるためには、避けて通れない姿勢です。

『困難にも感謝する』PHP