萩本欽一「成功っていうのは、安全な道にはないんです」

banner02
萩本欽一 いいため話
画像:https://news.walkerplus.com/

成功っていうのは、安全な道にはないんです。

安全な道には、失敗もない。

でも、大成功というのは、ひじょうに危険な道にしかない。

どうして危険な道が大成功なのかというと、危険な道はめったに人が通らないから。

だから、大成功なんだよね。

困った時に「ああ、困った、俺ってなんて情けないんだろう」って言う人には、運は来ないの。

運っていうのは、困った時に「困ったはチャンスかもしれない」と言いう人にしか来ないんです。

でも、10人のうち9人は「困った」って言うんですよね。

だから、これまでの歴史を見ても、世の中で大成功をおさめる人っていうのは、全体の1割くらいでしょう。

人間て、いつも困るようにできてるんです。

で、10人のうち9人は困ったから逃げちゃうんだよね。

「困った、困った」って言いながら、逆に運のないほうに行ってしまう。

たとえば、会社で窓際に行かされたら、「自分は会社で認められてないんじゃないか」ととるわけですね。

「認められてないんじゃあ、もうダメだ」って。

で、会社を自分からやめて、もっと困っていく。

それが9人ですよ。

でも、そのなかにひとり、「困った」という言葉を使わない人がいるんです。

窓際に行かされても、「自分は必要じゃないんだ」とか、そういう言葉はないんだよね。

「窓際でお休みしろっていうことは、これは転職しろっていうことかな。ということは、俺にとって今がチャンスなのかもしれないな。じゃあ、そっちをちょっと考えてみるか」って、この機会に逆に踏ん張る。

その1人が成功していくんじゃないの。

だから、みんなが「困った、困った」って言ってる時は、僕は逆に「何かいいことがあるぞ」って思う。

これまでだって、困った後に、大成功にぶち当たってる。

とんとん拍子に行って大成功じゃないですよ。

全部、困ったの次が大成功。

その繰り返しだった。

テレビの番組だって何度も外してるけど、そのたびに、「ああ、エライことになっちゃった。この困ったを困ったじゃなくしなければ」って、思いながらやってきた。

でも、希望もすごくあった。

「よし、これはきっと、次に何かいいことあるに違いないぞ!」って。

『人生にはチャンスが三度ある』ビジネス社