斎藤一人さん【潜在意識】を上手にコントロールする方法

banner02
画像:http://free-photos.gatag.net/

豊かになりたい人は、「豊かになりました!ありがとうございます!」と願えばいいのです。

仕事を繁盛させたい人は、「仕事が忙しくなりました!ありがとうございます!」と願えばいいのです。

どんな願いでも、すべて同じお願いの仕方で大丈夫です。

これがコツなんです。

「なりたい状態になったつもりで感謝すること」が大事だとお話ししましたが、

さらに、とっておきのコツをお話ししましょう。

「お願いする言葉は、最後に言ったことが大事」なのです。

最後に何を話すかで、あなたの発信する「願い」は変わってきてしまうのです。

例えば、「部長がガミガミうるさく言うんです」とずっと思っていると、「ガミガミうるさく言う」という思いが発信されて、あなたの部長は、ますますガミガミ言うでしょう。

ところが、「部長が10倍うるさく言っても、私はぜんぜん平気です」

と思うと、どうでしょう?

「内神さま」は「ぜんぜん平気です」という現実を、かなえようとするのです。

その結果、あなたの心はなんだかとても落ち着いて、平気な顔をして会社に通えるようになるかもしれません。

部長は「平気な顔」をしているあなたに、ガミガミ言いづらくなるかもしれません。

もしくは、あなたが他の部署に異動して、部長と別れられるかもしれません。

とにかく…、「私はぜんぜ平気です」にともなう現象が起こってくるのです。

これはたとえてみると、タクシーと同じです。

タクシーに乗って、運転手さんに、「東京駅に行ってください」とお願いしたら、運転手さんは、東京駅に向かってタクシーを走らせますよね。

ところが、「東京駅に…、あ、やっぱり、新小岩へ行ってください」

とお願いしたら…、あなたが最後に言った「新小岩」へ向かって、運転手さんはタクシーを走らせるでしょう?

最後に何を言うかで、その人の運勢は決まってくるのです。

最後に、どんな言葉を放つかを、「内神さま」は聞いているのです。

引用:斎藤一人 著
『神様に上手にお願いする方法』KKロングセラーズ