起こった事象をプラスに変えることができる人

banner02
プラス いいため話
画像:http://publicdomainq.net

叱られて、「なにくそ!負けるものか!」と頑張る人もいれば、ふてくされて相手を恨む人もいます。

どちらを選択するのも自由です。

でも、どちらを選択するほうが得ですか。

当然、プラス思考をするほうが得に決まっています。

つまらないプライドや意地なんか捨ててしまいましょう。

相手を憎んでも、結局そのつけは自分に返ってきます。

一卵性双生児の兄弟がいました。

遺伝子も育った環境も同じです。

片方は路上生活者になり、もう片方は大金持ちになりました。

路上生活者になぜそのような生活をしているか質問すると、

「親父が大酒飲みだったため、自分もお酒で人生が狂った」と答えました。

もう片方の大金持ちに同じ質問をしました。

「親父が大酒飲みだったため、自分は親父みたいになりたくないと頑張った」と答えました。

運の良い人とは、良い出来事ばかり起こる人ではありません。

起こった事象をプラスに変えることができる人のことを「運が良い人」と言います。

それでは、具体的にプラスに変えるとはどういうことなのか話します。

起こった事象に対し、良いこと、悪いことと判断してはいけません。

自分にふりかかったすべての事象について、自分にとって必要だから起こったと考えるのです。

何が起こっても、「自分の責任」「必要だから起こった」と考える癖をつけると、運気が上昇します。

逆に「誰々さんのせいでこんな目に遭っている」「なんで、何も悪いことをしていないのに、自分にこんなことが起こるのか」と考えると運気は下降します。

長い人生、良いことばかりではありません。

他人や環境を恨んでも、何も解決しません。

何かのせいにすれば一時的には楽かもしれませんが、自分の成長を止めてしまいます。

どんなことが起こっても、「自分にとって必要だから起こった」と受け止める癖をつけましょう。

この癖は将来、必ずあなたに幸せを運んできてくれます。

『「運がよくなる人」と「運が悪くなる人」の習慣』明日香出版社