読んでいる本を見れば、その人の事がわかる理由

banner02
画像:http://free-photos.gatag.net/

交際している友達を見ればその人がわかるというが、読んでいる書物からもその人格をうかがい知ることができる。

それは、人と書物との間にも、人間同士と同じようなふれ合いが生まれるからである。

だから相手が本であろうが人間であろうが、われわれは常によりすぐった相手を選ばなければならない。

その意味で、良書は最良の友である。

この事実は過去、現在そして未来を通じて変わりはない。

良書は忍耐強く楽しい友達だ。

こちらが逆境にあっても失意のどん底に落ちても見捨てたりはせず、いつでもわれわれをやさしく受け止めてくれる。

若い頃は本を読んで楽しみ、教えられることも多い。

そして年をとってからは、本はわれわれを慰め励ましてくれる。

引用:「向上心」
サミュエル・スマイルズ 著
竹内 均 訳